no-image

【失敗しないお見舞い手土産10選!】相場・マナーも徹底解説

病院に入院している方への手土産は何を持っていけばいいのか?お見舞いに行くタイミングはいつなのか?など、お見舞いや持参する手土産に関して悩んだ経験はありませんか?

入院している相手の方や病室の環境、病院内での生活スケジュール等々、意外と考えなければいけないことも多いので、今回は失敗しないためのお見舞いマナーやオススメの手土産、といった点にスポットを当てていこうと思います。

今まさにそういった状況でお悩みの方もそうでない方も、参考情報として活用してみてください。

 

お見舞いのマナー

 

相手の了解をとる

関係が深い相手が入院したと聞けばお見舞いに行くのが当たり前で、お見舞いされる側も来てもらったほうが嬉しいに決まってる!とお考えの方も居られるかもしれませんが、実はそうとも言い切れません。

もちろん全員がそうというわけではありませんが人によっては、身だしなみが整っていない姿や自分が弱っている姿を人に見られたくない、体調が優れない時は人に会いたくない、と感じる方も居られるからです。

ですので、相手のことを本当に考えた上でお見舞いに行きたいというのであれば、お見舞いに行く前にご本人や相手の家族の方に状況を確認し、事前にお見舞いに行ってもいいか?相手の了解をとってから行くようにした方が無難でしょう。

 

眠っているときは起こさない

お見舞いに伺った際に相手の方が眠っている場合、どう対応すればいいか悩んでしまいますが、皆さんはこのような場面に遭遇した時にどのように対応するのが正解だと思われますか?

正解は、ご家族の方や付添人の方に手土産を渡してその場を引き上げるという対応です。いくら親しい間柄だといっても、相手の体調が悪かったり、安静にしていなければいけない状況である場合もありますので、決して眠っている相手を起こすようなことはしてはいけません。

万が一、相手が眠っていてすぐ近くにご家族の方や付添人の方がいない場合は、ナースステーションに居る方に事情を話して手土産を預けて引き上げる、というのが良いとされていますのでこちらも併せて覚えておくと良いでしょう。

 

大人数や子連のお見舞いは避ける

こちらは一般常識として広く知れ渡っているのであらためてお伝えする必要もないかもしれませんが、お見舞いに行く際は、お子様を連れて行ったり、大人数で行ったりするのは好ましくありませんので控えるようにしましょう。

お子様をお持ちの親御さんからすると、『短時間のお見舞いなら気にしなくてもいいのでは?』と思われるかもしれませんが、小さなお子様の場合、意図せずウィルスの感染源になる可能性があり、免疫力が低下しているお見舞い相手の方や同室の患者さんの症状を悪化させてしまう可能性もあるため、控えた方がいいです。

また、大人数でお見舞いに行き一人一人会話をしていると面会時間が長くなってしまいがちで、お見舞い相手の方が疲れてしまったり、同室の患者さんも落ち着いて過ごすことができないので、こちらに関しても少人数でお見舞いに行くのがベストと言えるでしょう。

 

社会的立場に配慮する

目上の方や会社の上司の方のお見舞いに行く場合は、1人で行くと不快感を与えてしまうこともあるため、基本的には2、3人位の人数で行くようにしましょう。

上記のマナーには、同性の目上の方や同性の会社の上司の方のお見舞いに行く場合は1人でお見舞いに行くのも可、という例外もあるので基本的にと記載しましたが、異性の目上の方や異性の会社の上司の方のお見舞いに1人で行くのはマナー違反になるので、そういった微妙な違いがあることも参考情報として覚えておいてください。

 

会話に気を配る

親しい間柄の方のお見舞いに行った際、ついいつもの様な調子で、顔色の悪さや、元気のなさをからかってしまった、なんて覚えがある方は要注意です。

普段強気な方でも入院中は意外と弱気な気分になってしまいがちで、そんな時にネガティブなイメージの言葉をかけられるとさらに気分が落ち込んでいってしまう、という経験談もよく耳にするため、上で挙げた様な言葉ではなく「思っていたより元気そうだね!」「また来るよ!」などといった前向きな言葉をかけてあげるのが理想的な会話と言えます。

また、お見舞いに行き相手が思いの外元気だったりすると、安心感から会話が盛り上がったり、大きな声で雑談してしまったりすることもありますので、そのような状況にならないよう、会話中もある程度気を配ることも忘れてはいけません。

 

長居はNG

先程の内容と少し被ってくるかもしれませんが、相手との会話が弾み長居をしてしまう、というのもマナーの観点で見ると良いとは言えません。

「入院中は弱気になっているのだからできる限り長居した方が相手も安心するでしょ?」と思う気持ちもわからないでもありませんが、実際に入院している方からすると長時間会話をするのは意外と体力を消耗するので、結果としてありがた迷惑になってしまうケースの方が多いようです。

面会時間の目安としては10~15分くらいの時間が適切とされていますので、相手のことを本当に考えるのであれば、この位の面会時間で切り上げるように意識してみてください。

 

お見舞いに行くタイミングは?

お見舞いに関するマナーを理解したところで、続けてお見舞いに行く最適なタイミングについても触れていこうと思います。一般的な情報を総合した上で理想のタイミングとされているのは、入院後5日程経過したタイミングや手術後3日程経過したタイミングが良いとされています。

ただし、病気の種類や相手の状態によっては上記のタイミングが必ずしも理想とは言えないこともありますので、迷った場合は本人やご家族の方にお見舞いに行きたい旨を伝えた上で、いつ行けばいいか確認をしてから伺うのが最適解と言えるでしょう。

間違っても、お見舞い相手をビックリさせるためにサプライズで突然お見舞いに行こう、なんて考えは起こさないようにしてください。

 

お見舞いを控えた方が良いケースとは?

親族や知人が病院に入院した場合であっても、お見舞いに行かないのが正しい選択になるケースがあることをご存じでしょうか?

面会が制限されている場合や自分の体調が不良な時はもちろんですが、相手の入院期間が短い場合もお見舞いに行かないのが正しい選択ですので、ここもしっかり覚えておきましょう。

ただし、上記の内容はあくまでお見舞いを控えた方がいいケースもあるという説明になり、そのような場合は一切お見舞いに行ってはいけない、という意味ではありませんので、勘違いしないようにしてください。

万が一、お見舞いを控えた方がいいケースに該当した場合は、
・面会に制限がある場合:面会制限が緩和されてから伺う。
・自分が体調不良の場合:自分の体調が回復してから伺う。
・入院期間が短期の場合:相手が退院した後に、退院祝いとして相手のもとに伺う。
といった形で対応するとマナーも良く相手からも喜ばれるケースが多いので、このような対策があることも認識しておきましょう。

 

お見舞い手土産の選び方

 

オススメのお見舞い手土産

お見舞いに行くときは大体の方が手土産を持参して伺うことが多いと思いますが、何を持っていけばいいのかという点が悩みの種となっている方も多いのではないでしょうか?

そこで、お見舞い時の持参に適しているオススメの手土産をいくつかご紹介しますので、下記の情報とお見舞い相手の状態を併せて、最適な手土産を選んでみてはいかがでしょうか?

 

・ハンドクリーム

お肌の手入れをマメに行っている女性の方には、病院内でも問題なく使えるハンドクリームを持参すると喜ばれるケースが多いです。ただし、香りがついているハンドクリームだと病院内のルールで使用が禁止されていることもありますので、手土産として持参する場合は、無香料のタイプにするのが無難でしょう。

 

・ブランケットやショール

気温が低い季節にお見舞いに行く際は、ブランケットやショールのような簡易的な防寒グッズも人気があり、中でも軽めで洗濯ができるタイプだと入院中でも容易に使用できますので、こちらを手土産として持参する際はそういった点も意識して選んでみてください。

 

・病室で使用できるテレビカード

病室内ではベッド脇にテレビが設置されていることが多いのですが、そのテレビを視聴するためには病院内で販売されている専用のテレビカードが必要となるケースが多いので、入院中の暇つぶしに使える有効なアイテムとして人気の手土産になっています。

 

・雑誌や本

入院時はある程度行動が制限されてしまい暇を持て余すことも多いので、容易に気分転換が可能な雑誌や本を持参するのもオススメです。

 

・マッサージ用品

相手の症状や病状によっては使用できないケースもあるのでその点は事前に確認が必要ですが、特に問題がなければマッサージ用品も意外と喜ばれる手土産の一つのようですので、一考の余地はあるでしょう。

 

・タオル

お見舞いの際に持参する手土産の定番とも言えるのがタオルで、入院生活内においても枕カバーの代用品や入浴時の体拭きなど、活用できる場面が多々ありますので何を持っていけばいいのか迷った場合は、とりあえずタオルを選んでおくのも無難な選択と言えます。

 

・お花

こちらも入院時の定番の手土産の一つですが、味気ない病室内を明るく彩ってくれる効果もあるので昔から安定的に人気の高い手土産の一つです。手土産として持っていくのであれば病院ごとでルールなどが異なるので、病院のルールに抵触しない相手好みのお花を選んでもいいですし、その辺が良くわからない場合は、長期保存が可能・水を与えなくても良い・花粉が出ない、といった複数の理由から問題が起きにくい、プリザーブドフラワーを選ぶのも良いでしょう。

 

タブーや要確認の手土産

持参する手土産を選ぶ際には、適していない商品や人によってはもらっても困る商品という物もありますので、こちらについても触れされていただきます。該当する手土産を要点と共にいくつか紹介しますので、手土産を選ぶ前に必ず目を通しておいてください。

 

・お花

上の『オススメのお見舞い手土産』の項目でオススメ品として紹介しているので、こちらでも紹介してるのはどういうこと?とお叱りを受けてしまうかもしれませんが、記載ミスなどでは無くちゃんとした理由があるのでご安心ください。

詳細をご紹介させていただくと、病院のルールに適していたりプリザーブドフラワーであっても、お花の種類によっては相手に失礼にあたるケースがあるので注意が必要というのが正しい内容なので、お花の持参を検討されて方はこの点は見落とさないように注意しましょう。

手土産に選んではいけない代表的なお花の種類を下に記しておきますので、下記の内容も確認し変な誤解を生んでしまわないよう気をつけていただくと幸いです。

・赤い色の花:血の色を連想させてしまうため
・椿:花が首から落ちることから、縁起が良くないとされているため
・ユリ:花粉が付きやすく匂いも強いため、病室内に飾るのは適さない
・菊:お葬式で多用され、多くの人が死を連想してしまう花のため
・シクラメン:花の名前が、シ=死・ク=苦、といった連想をさせるため
・鉢植え:根付く=寝付くと連想させることから縁起が良くない
・花瓶が必要な花:水替えなどの手間がかかり、花瓶内で細菌が繁殖しやすいため

 

・食べ物

入院相手に食事制限がなくても、手土産としては適していない食べ物が存在しますので注意が必要です。

揚げ物や生もの、アレルギーのある食べ物は言わずもがなですが、意外なところで言うと手土産の定番ともいえるフルーツも場合によっては迷惑となるケースもあります。

最近では冷蔵庫が設置されている病室もありますが、使用するのに料金がかかるケースが多くフルーツの保管をどうすればいいか困った、という経験談も良く聞くため、その辺の状況が不明な場合は別の手土産を検討した方が良いでしょう。

 

・パジャマやスリッパなど

入院生活中にあると便利なので、パジャマやスリッパなどを手土産に持参する人もいますが、実はこちらも手土産には適しておらず最悪の場合、相手の方に入院が長引くイメージを与えかねないので、相手の方に欲しいと言われた場合のみ持参する、といったような制限を設けた方が無難です。

 

・テレビカード

こちらも『オススメのお見舞い手土産』の項目で紹介したので、どちらかというと適している商品ではあるのですが、テレビカードの返金対応を受け付けてくれる病院が少なく、病室のテレビを使用しない方からすると全く使い道がないアイテムになる、という危険性をはらんでいるため、人によっては適していない商品とも言えるのです。

傾向としては、入院される方の年齢が若い方の場合は病室のテレビを利用しないケースが多いので、手土産にテレビカードを持参するのは相手が年配の方の場合のみに限定すると失敗が少ないでしょう。

 

・商品券や現金

もらって嬉しい、という点で考えると商品券や現金は比較的上位にランクインする手土産の一つですが、こちらも相手や状況によってはマナー違反に該当するケースもあるため、何も考えずに持参しても良い手土産とは言えません。

具体的にマナー違反にあたる条件を下にまとめておきますので、どれか一つでも当てはまる場合は、他の手土産を選ぶようにしましょう。

 

  • お見舞いに伺う日に、相手の家族の方や付き添いの方がいない状況であることを事前に把握している場合
  • 病室内に金庫や鍵付きの収納スペースがない場合
  • 自分より相手の方が目上の方にあたる場合

 

手土産の相場

手土産を何にするか?と併せて頭を悩ませるのが、価格の相場ではないでしょうか?

あまり金額が安い物だと失礼に当たりますし、逆に金額が高すぎる物だと相手が受け取る際に委縮したり、常識知らずと思われてしまうこともありますので、大まかな相場を事前に把握しておくことも重要なポイントです。

手土産の相場価格は相手との関係性によって変わってきますが、多くの場合3000~10000円の範囲内が適正価格とされていますので覚えておきましょう。参考情報として相手との関係性ごとの相場価格も下にまとめておきますので、より詳細に相場を把握しておきたい場合は、こちらも確認してみてください。

【関係性ごとの相場】

  • 上司の方や同僚の方:3000~5000円程度
  • 友人の方や知人の方:3000~5000円程度
  • 自分の両親:10000~30000円程度
  • 自分の近親者や親類(両親を除く):5000~10000円程度

 

手土産のラッピングと渡し方

手土産の渡し方

相手への手土産が決まったからと言って、そこで安心しきってしまうのは少し早計と言えます。ここまでいろいろなマナーに関して触れてきましたので察しの良い方はピンときたかもしれませんが、手土産を相手に渡す際にも最適なタイミングや正しい流れがありますので、そこもおろそかにしないように意識しましょう。

まず、手土産を渡すタイミングとしては、あまり長居しすぎてはいけないという点を考慮すると、相手と対面してからすぐに渡すくらいがちょうどいいタイミングと言えます。

続けて手土産を渡す際の正しい流れは下記の通りです。
 

  1. 手土産を紙袋から取り出し紙袋を二つ折り位のサイズに畳む
  2. 畳んだ紙袋を手土産の下に重ねて相手に見せる。
  3. 紙袋と手土産を相手のご家族や付添人の方に渡す。
    ※入院時のお見舞いの際は、紙袋を一緒に渡してもマナー違反にはなりません。
    ※手土産を渡す際は無言で渡さず、相手を気遣う言葉を一言添えて渡してあげてください。
    ※万が一、伺った際に相手の方しか居なかった場合は相手に直接手土産を渡すのも可です。
    ですが、体を起こせない状態などで受け取りが困難な場合もありますので、そういった場合は「ここに置いておきますね」と一言相手に伝えた上で、付近にある棚や空きスペースなどに置くのが良いでしょう。
    ※冷蔵や冷凍での保存が必要な手土産を持参した場合は、相手にその旨を伝え、病室内の冷蔵庫や冷凍庫に入れるのも良いです。

 

のしの付け方

手土産の包装やラッピングにもいくつか注意する必要がありますので、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

まず、贈り物の包装などに使われていることが多い熨斗(のし)ですが、こちらは縁起物の意味合いが高いため手土産のかけ紙やお見舞い金の封筒にはあまり適していないので、のしが無いデザインの物を選ぶようにした方が無難です。

同じく包装によく使われる水引については有っても無くても問題はありませんが、もし水引を付ける場合は結び方によって意味合いが変わってきますので『一度きりで終わる』『繰り返さない』という意味合いのある、結び切りの水引を選ぶようにしてください。

表書きに関してもいくつか種類がありますが、お見舞いに適している表書きは『御見舞』『お見舞』『御伺』ですので、この中から選ぶようにしましょう。

最後にラッピングのデザインに関してですが、こちらに関しては厳密な決まりごとはありませんが、一般的には落ち着いた色やデザインが良いとされていますので、落ち着いた色の無地のデザインがオススメです。もし、明るい色のラッピングにしたい場合は、見た目が派手になりすぎないように注意して選ぶようにしましょう。

 

喜ばれるおすすめ手土産

プリザーブドフラワー

ガラスドームのトップでは、ハートを抱いた天使がプリザーブドフラワーを優しく見守ってくれています。ガラスを包むリボンも上品で華奢なプリザローズを邪魔しません。

 

 

高品質の今治タオル

今治タオルのガーゼフェイスタオルとウォッシュタオルを木箱に入れて豪華に仕上げました。ガーゼとパイルの二重織りで作られているため、吸水性がよく肌にやさしいのが特徴です。

 

 

世界に1つのフォトパズル

指定した文字や写真を入れられるオーダーメイドのパズルです。大切な方に、世界に1つだけのオリジナルのパズルをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ソープフラワーボックス

可愛いうさぎのシルエットプレートにお名前と選べるメッセージ(8種類の中から選択)を入れられ、箱を開けた瞬間から香りにも見た目にも癒されるシャボンフラワーです。

お手入れいらずなので、お見舞いの際の手土産にもピッタリです!

 

 

名入れブランケット

肌寒い季節に使えるちょっとした防寒具で、大切な人へ贈るプレゼントや、クリスマスの贈り物などにもピッタリの一品!

ボタンが付いているので3通りの使い方ができるのもうれしいポイントです。

 

 

ジルスチュアートのタオルセット

世界中の多くの女性から高い支持を受けるブランド「JILL STUART」が手掛けた、「CUTE×PRETTY×SEXY」をキーワードに作られたタオルセットです。

SWEETな世界観を表現したデザインなので女性に贈るプレゼントにオススメ!

 

 

バラの香りのハンドクリーム

ダマスクスローズオイルをふんだんに使用しており、手に取った際に幸せなバラの香りが広がるハンドクリームです。

香り付きのハンドクリームですので、どちらかというと退院祝いの品に適しているかもしれませんが、もらってうれしいプレゼントである点はゆるぎません。

 

 

おしゃれなカタログギフト

贈られた側が選ぶ楽しみを感じることができ、贈る側もプレゼント選び悩まずにすむ、という双方に利点のあるカタログギフトも贈り物の定番です。

食品、雑誌、DVD、旅行など様々なジャンルの中から選択できますので、手土産にお悩みの方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

クッキー&マカロンのセット

絵本で大人気のエルマーがクッキーになりました!

クッキーだけでなく、女性に人気のマカロンも入っていますので、甘い物が好きな方の手土産にも適しています。

 

 

DECOチョコ 15個セット

お好きな写真やイラストをパッケージにプリントできる、オリジナリティの高い贈り物用のチョコです。

誰でもカンタンに作れるデコチョコですので、ちょっとしたサプライズ感のある贈り物をお考えの方はぜひチェックしてみてください。

 

 

まとめ

ここまでお見舞いに適した手土産の選び方や、失敗しないために必要なマナーに関する知識などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

いろいろと細かい部分もあったかもしれませんが、お見舞いに行く必要性が出てくる機会というのは急に出てくるものなので、そんな時のために覚えておいて損はない知識であることは間違いないでしょう。

必要性が出てきたときにこちらの記事を参考にしていただくというのも良いと思いますので、そういった時に少しでもこの記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。