【最新版】一生大切にしたい!価値あるハイブランドランキングTOP8

世界中で多くの人を虜にする「ハイブランド」のアイテムは、高めに設定された価格に見合う高い品質とデザイン性を持っています。

どのブランドも魅力的ですが、今回はその中でも特に”価値がある”とされるハイブランドをランキングでご紹介します。

 

そもそもハイブランドって?何が魅力?

大人になるとハイブランドのアイテムを持つことは一種のステータスとも言われますが、その定義は実はとても曖昧です。

一般的には「歴史がある高級海外ブランド」を指し、その共通点は富裕層をターゲットとして高価格であることに加え高品質・ファッション性も兼ね備えていることで、それが最たる魅力とも言えます。

ハイブランドであることに誇りを持ち、「アウトレット品を出さない」「職人による手作りを貫く」などブランドごとのこだわりももちろんあります。

選ぶ際は、各ブランドの得意分野やデザイン性、色使いなどに注目してみてください。

 

ハイブランドランキングTOP8!人気アイテムもご紹介

ここからはさっそく、気になるハイブランドのランキングTOP8を人気アイテムとあわせてご紹介します!大切な人へのプレゼントや自分へのご褒美にぜひお選びください。

 

第1位:Hermès(エルメス)

1837年に馬具専門店として創業した「エルメス」。当時から品質の高さが評価され、ナポレオン3世やロシア皇帝からも注目されていたことは有名な話です。

その技術を生かした革製品のクオリティの高さには現在も目を見張るものがあります。

「エルメス」の代名詞である「バーキン」や「ケリー」などのバッグは、大人の女性にふさわしいエレガントさを持ちつつも実用性にも配慮された大容量なものが多いです。

 

ご褒美バッグ「ボリード」

「バーキン」「ケリー」と並んでエルメスの人気バッグに名を連ねる「ボリード」。ファスナーで最大収納部分を開閉できる点で他2シリーズよりも実用性が高く、働く女性に人気があります。

高品質な革のおかげでカチッとした印象がありますが、丸みのあるフォルムで女性らしさも両立しています。

 

エルメスの財布人気No.1「ドゴン」

長財布としても小物入れとしても重宝する「ドゴン」は、長いエルメスの歴史の中では比較的最近登場しました。「エルメス」の財布の定番のひとつとして知られ、使い勝手の良さに定評があります。

とても柔らかそうな生地に見えますが、固すぎず柔らかすぎず手によくなじみます。

 

 

1点投入しやすいブレスレット

「エルメス」初心者でも手が出しやすい価格帯のアクセサリー。今回は、上品で華奢な女性らしい手首を演出してくれるブレスレットをピックアップしました。

独特なデザインですが、シックな色合いなのでビジネスシーンでも主張しすぎません。

 

 

第2位:GUCCI(グッチ)

ハイブランドというと30代以降の大人が持つイメージが強いですが、「グッチ」にいたっては男女問わず幅広い年代の愛用者がいます。

伝統を重んじるブランドですが、上質さを保ちながら現代のニーズをしっかりとつかむ柔軟な姿勢が評価されています。ハイブランドとしてファッション業界を牽引しているとも言えるブランドです。

 

シンプルなトートバッグ

品があるのにかっちりしすぎない、仕事でもプライベートでも使えるトートバッグです。グッチの定番生地の「GGキャンバス」は、革よりも軽くて丈夫で汚れが付きにくいのが特徴。

ハイブランドのバッグを日常的にがんがん使いたい方に喜ばれます。

 

大人の男の魅力を引き出す

男性が外出する時に重宝するショルダーバッグは、特に休日や車での移動時に活躍します。ファッションの邪魔にならないスマートな見た目ですが、スマートフォンや財布などの必需品を入れてもまだ余裕がある実用的なサイズ。

ポケットに小物を収納するのを好まない男性に人気があります。

 

 

第3位:LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

「旅」をコンセプトにトランク製造業者として創業した「ルイ・ヴィトン」。かつてフランス王室から注文を受けていた実績がある、知名度と実力を持ち合わせたブランドです。

丈夫で長持ちすることと、ブランド意識が高くアウトレット品がないことが人気の理由。

日本の家紋や市松模様から着想を得たと言われている「モノグラム」や「ダミエ」が定番ですが、近年は起用デザイナーや他ブランドとのコラボレーションなどを通してストリート系ファッションにも進出し始め、さらに注目が高まっています。

 

やっぱり欲しい「モノグラム」

「ルイ・ヴィトン」の代表的な柄のひとつ「モノグラム」のトートバッグです。ストラップが細くて長いので肩から掛けやすく、厚着をする寒い季節でもストレスなく持てて便利。

A4サイズの書類も楽々入るサイズで大容量なうえ、マチも広いためお弁当箱の保管にも困りません。

 

 

こちらも人気!「ダミエ」のトートバッグ

前出の「モノグラム」と並んでファンが多い「ダミエ」のトートバッグも根強い人気があります。

こちらは多くの女性から支持されているシリーズ「ネヴァーフル」のMMサイズ。開口部が広いため物の出し入れがしやすく容量もたっぷりで、ママ世代から働く女性まで幅広く愛用者がいます。

 

第4位:PRADA(プラダ)

1913年イタリア・ミラノで皮革製品ブランドとして創業した「プラダ」は、創始者の没後しばらくは低迷期が続きました。

1978年にミウッチャ・プラダが経営権を受け継ぎ、経営から商品デザインまで大改革。防水ナイロン素材「ポコノ」の採用や、姉妹ブランド「ミュウミュウ」の設立などその手腕を遺憾なく発揮して人気が再燃しました。

プラダのアイテムの特徴は、丈夫で実用的、そして高級感があること。レディース向けのイメージが強いですが、昨今はメンズファッションアイテムも積極的に展開しています。

 

プラダの象徴!ナイロン製リュック

防水ナイロン「ポコノ」を採用したリュックは革製品よりも手入れが簡単でカビが発生しにくく、湿度の高い日本では特にヒットしています。

ハイブランドなのに気取らない雰囲気も魅力。テントなどにも使用されるほど丈夫な生地で日常使いに適しています。

 

 

シンプル イズ ベスト

「シンプル イズ ベスト」という言葉がふさわしい長財布です。「プラダ」の象徴とされる逆三角形のロゴがなく、内側にロゴが型押しされているのみで、ブランドアイテムであることを主張したくない方にぴったり。

表面に凹凸を持つサフィアーノレザー特有の光沢がラグジュアリー感を演出します。

 

 

第5位:Cartier(カルティエ)

フランスの高級ジュエリーブランドとして名高い「カルティエ」は、150年以上も前から感嘆のためいきが出るほどに美しいジュエリーで世界中の人を魅了しています。

そのジュエリーは”身に着ける芸術作品”と呼ぶにふさわしく、かつてはフランス皇帝ナポレオン3世の皇后も顧客として迎えていました。

日本国内では婚約指輪や結婚指輪の選択肢に必ず入っている、女性の憧れジュエリーの筆頭です。

 

大人の品格が漂う「バロンブルー」

「カルティエ」の腕時計の中では少数派の丸型シリーズ「バロンブルー」の腕時計です。こちらのシリーズは全体的に丸みのあるやわらかい曲線を各パーツに用いているのが共通で、比較的女性向きです。

ローマ数字のインデックスがクラシカルで優雅に見せてくれます。

 

 

普段使いできる上品な「バロンブルー」

上記と同様丸型タイプの「ロンド ソロ」は、男女問わず選ばれているシリーズです。「バロンブルー」ほどに知名度が高くなく、街中でも同じ時計を身につけている人と出会いにくいのがうれしいところ。

シンプルなデザインでカジュアルスタイルにもシックスタイルにも合わせられます。

 

 

第6位:DIOR(ディオール)

ここ数年目が離せないハイブランドといえば「ディオール」。

国内外の著名人がこぞって着用していることもあり、おしゃれ好きの間で再注目されているのがかつての人気柄「トロッター」。レトロでかわいい見た目が印象的で、ヴィンテージともなると入手が困難でそれがまた人気の再燃に拍車をかけています。

定番の”デパコス”ブランドとしても地位を確立していて、キュートなパッケージデザインにも多くの女性が夢中です。

 

ディオール再ブーム到来の火付け役「トロッター」

海外のトップモデルやセレブが愛してやまないディオールの名作「サドルバッグ」。なかでも圧倒的人気を誇るのが、こちらのレトロなトロッター柄です。

形は独特ですがどんなファッションにもなじむ色使いで、コーディネートを格上げしてくれます。

 

 

20代~30代の女性に人気のかわいいコスメ

パッケージがかわいい」と若い世代から支持されている「ディオール」のコスメは、雑誌でも頻繁に取り上げられる”憧れコスメ”のひとつ。

こちらのマキシマイザーは、唇をぷっくりとセクシーに見せてくれて保湿効果も抜群。コスメデビューの女の子にも喜ばれます。

はじめてのDiorを貰ったみたいでとても喜んでくれた!
名前も入れてたため、世界に一つだけのものになったのも良かった

ギフトモールより引用

 

 

第7位:CHANEL(シャネル)

アイテムはもちろん、創業者ココ・シャネルの生き方がかっこいいと共感する女性からの支持を集めているハイブランド「シャネル」。

ユニークなデザインが特徴で、華やかで気品がある、女性の美しさと強さを体現したようなアイテムが目立ちます。

黒色に強いこだわりを持つブランドでもあり、バッグやコスメ、ファッションなどに積極的に採用しています。シックなスタイルだけど個性も大切にしたい女性に似合うブランドです。

 

誰もが憧れるショルダーバッグ

ショルダーバッグとしてもハンドバッグとしても使える2WAYタイプです。入れるものが少なくても型崩れしないので出し入れしやすく、ビジュアルも隙がなく完璧。

ブランドロゴの縁はくすんだゴールドなのでヴィンテージ感があり、こなれた印象です。

 

 

ひとつは欲しい「マトラッセ」

「シャネル」のアイコニックなシリーズ「マトラッセ」は、ぷっくりとした厚みのある見た目とエレガントな雰囲気が特徴。そんな長く愛されているシリーズの長財布は、収納する物が多くても形が崩れず使い勝手も抜群です。

ハイブランドらしい高級感もあり、使うたびに気分が上がります。

 

 

第8位:BVLGARI(ブルガリ)

ハイジュエリーから時計、財布、バッグ、香水まで多くの商品を扱うハイブランド「ブルガリ」の創業は1884年にまでさかのぼります。当初は高級宝飾店でしたが、徐々に幅を広げていきました。

特筆すべき特徴は、イタリアらしい芸術的なデザイン大胆なカラーコンビネーション。モチーフに蛇がよく使われるのも「ブルガリ」ならではです。

 

洗練されたデザイン×卓越したメカニック技術

白い本体部分と黒い型押しレザーベルトのコントラストがスタイリッシュで気品あふれるオートマチックの腕時計です。シンプルですが華やかさもあり、身に着けるだけで少しドレッシーに見えるのがポイント。

クロノグラフですがメカニックっぽさがなくおしゃれで、3針も見やすいです。

 

 

さすが高級宝飾品ブランド

イタリア・コロッセオから着想を得たという「ビーゼロワン ネックレス」。大きめのペンダントトップが視線を集め、女性の首元を華奢に見せてくれます。

ピンクゴールドは日本人の肌になじみやすく、やわらかいフェミニンな雰囲気を演出します。

 

 

自分や相手に似合うハイブランドを見つけよう

どのハイブランドも共通するのは、高品質で実用的、さらにファッション性が高いことです。

どれも自信を持ってプレゼントできるアイテムばかりですが、大切なのは自分または贈る相手の雰囲気やファッション系統に合うかどうか。今回発表したランキングを参考に、最適のハイブランドを見つけましょう!