【いつがいい?】知っておきたい還暦祝いのタイミング<永久保存版>

還暦祝いは一生に一度しかないお祝いです。もちろん豪華なお祝いを開きたいですよね。

でも、そこでつまづきやすいのがタイミングです。誕生日や正月など、「いつ祝えば良いのか分からない…」という方も多いのではないでしょうか?そこで今回は還暦祝いを開くタイミングについて、メリットや注意点も含めて解説していきます。

 

そもそも還暦祝いって?

還暦祝いとは、60歳を迎える方に感謝の気持ちを伝えたり、これからの長寿を祝い願う行事です。還暦祝いをはじめとする長寿祝いのほとんどは、寿命が今ほど長くなかった時代に行っていたお祝いの名残であると考えられています。今では元気な方が多い60歳という年齢も、昔ではとても貴重な存在だったのです。

昔から行われていた還暦祝いですが、今と昔では「還暦」の基準が少し違うことを皆さんはご存知でしょうか?
年齢には「満年齢」と「数え年」という二種類の数え方があります。「満年齢」とは現在採用されている数え方で、誕生日を迎えるごとに年齢が足されていく方式のことです。一方の「数え年」では、正月を迎えると年齢が加算されます。そのため、誕生日を祝うという概念は「数え年」にはありません。これらを踏まえると、「還暦」とは「満年齢で60歳、数え年で61歳」ということになります。

現在は満年齢で祝うのが一般的ですが、昭和の中頃までは数え年で祝っていました。ですから、現在でも数え年でのお祝いを希望される方もいます。どちらで祝うか迷った際は、ご本人に尋ねてみるのが一番でしょう。

 

還暦祝いをするタイミングにはどんな日があるのか?

①誕生日

現在、一番の定番は誕生日です。満年齢で考える人が増え、「生まれた日=特別な日」と捉えるようになったことが背景にあると考えられます。また最近では、誕生日祝いと一緒に還暦祝いを行うという人も増えているようです。この場合、通常の誕生日祝いよりも奮発して、豪華なディナーや高価なプレゼントなどを贈るのが一般的です。

さらに、誕生日のメリットは「〇月〇日」と明確な日にちが決まっている点です。正月やお盆だと、明確な日にちを決めなければいけませんが、誕生日なら最初から決まっているのでプレゼントの用意やお店の予約がスムーズに進みます。

一方で誕生日は人が集まりにくいという難点があります。誕生日が連休中や土日であれば問題ないのですが、平日だった場合、仕事で忙しい人や遠方に住んでいる人などは参加したくてもできないということがあります。
やはり、お祝いはみんなで盛大に行いたいものです。もし平日に当たってしまった場合は、誕生日前後の休日にずらしてみるといいかもしれません。

 

②正月

お正月は家族や親戚が一堂に会する期間です。もともと「数え年」が主流だった時代には、正月に還暦祝いをはじめとする長寿祝いをしていました。ちゃんちゃんこを贈る風習も、寒いこの時期に還暦祝いを行っていたことの名残だそうで、数え年で祝いたいという方はお正月にお祝いを開くのがおすすめです。

しかし、お正月は多くの人が旅行やお祝いをする時期です。油断しているとお店や旅館の予約があっという間に埋まってしまうので要注意です。また、お店そのものが正月休みで営業していないことも多々あります。
お正月に還暦祝いを行う際は、前もって親戚や家族と相談し、お店や旅館に営業しているかどうか確認し、予約を取っておくことが大切です。

 

③お盆

お盆もお正月と同様に家族や親戚がたくさん集まる期間です。そのため、お盆に還暦祝いを行う方もいます。

しかし、お盆は墓参りや先祖を迎える期間であるため、お祝いをしていいのかどうか疑問に思う方が多くいらっしゃいます。中には、お盆中のお祝いはダメ!という方もいます。 ですが実際は、お盆中のお祝いを禁止しているしきたりはなく、仏教的にもOKとされています。なので、別にお盆に還暦祝いを行っても問題は無いのです。

とはいえ、「長寿祝いを死と結びついてる期間にやりたくない」と感じている方は数多くいらっしゃいます。特にご年配の方には強くこの傾向が見られます。 これはマナー的な問題ではなく気分的な問題です。もしお相手が気にしていられるようでしたら無理にお盆に行わず、時期をずらした方がいいかもしれません。

やはりお祝いはおめでたいものです。祝う側も祝われる側も笑顔になれるようなセッティングを心掛けましょう。

 

④敬老の日

日本の長寿祝いといえば敬老の日です。還暦をはじめ、古希や米寿などの長寿祝いのセールが行われるのもこの時期です。

敬老の日の良いところは、シルバーウィーク期間なので、お祝い方法の幅が広がるところです。シルバーウィークは5連休、有給などを利用すれば9連休となる年もあり、秋のレジャーや旅行に最適です。短い時でも三連休なので、小旅行や軽いお出かけにはぴったりです。また、敬老の日限定のギフトサービスを行っている旅館や施設も多いので、お得にお祝いをすることができます。

ただ、年寄り扱いされることを嫌う方もいらっしゃるので、仮に敬老の日にお祝いをするとしたら、できるだけ若々しいイメージのプランを組むようにしましょう。

 

お祝いをするときに大切なことは?

ここまでいくつか還暦祝いを行う候補を挙げてきましたが、何よりも大切なのは思い出に残るようなお祝いにすることです。

そのためには、祝われる方のご家族やご友人、親戚一同が最も多く集まれる日にお祝いをセットすることが大切です。たくさんの方に囲まれて迎える還暦はきっと一生忘れられない良い思い出になることでしょう。

さらに、より思い出深い還暦祝いにするにはお祝いのプランをしっかり練ることも大切です。日時や場所、お祝いの具体的な内容まで事前に決めておくことが良いお祝いにするコツです。もちろんプレゼントもお祝いを盛り上げる大切な一要素です。そこで、ここからは還暦祝いにぴったりのギフトを5つほどご紹介させていただきます。

 

還暦祝いで喜ばれるギフトは?

①ちゃんちゃんこ

還暦祝いで定番のギフトといえばやっぱり赤いちゃんちゃんこです。赤いちゃんちゃんこには、十干十二支が生まれた年に還るという「生まれ直し」の意味と、魔除けの色である「赤」を着用することで今後の安泰を願うという意味が込められています。還暦を迎えたという実感が最も湧くものとして、今なお多くの方に贈られ続けている還暦祝いギフトです。

【おすすめギフト】ちゃんちゃんこセット

②赤色のファッショングッズ

現在、ちゃんちゃんこに比べて増えてきているのが赤い色のネクタイやシャツ、アクセサリーなどです。
平均寿命が昔より遥かに伸び、人生80年と言われる現代社会では、60歳を迎えてもまだまだ元気に現役で活躍し続けている方が大勢いらっしゃいます。そういった方の中には、赤いちゃんちゃんこに対して「老い」や「年寄り」というイメージを抱えている方もいます。なので、普段使いできる赤い色の衣服や装飾品を贈る方が増えているのです。

一概に赤といっても真紅のものから派手過ぎない落ち着いたテイストのものまで様々なデザインがあるので、お相手によって自由に選ぶことができます。選ぶ際はお相手の好きなデザインや身に着けている姿を想像しながら、思い出に残る一着を探しましょう。

【おすすめギフト】還暦祝い洋服セット

③お酒

還暦祝いのみならずお祝いの席では定番のギフトです。最大の魅力は、貰った人が、その場にいるみんなと嬉しさや喜びを分かち合える点です。お酒と共に感謝の気持ちや、昔の話をすればお祝いの席が一層盛り上がることまちがいなしです。

還暦祝い用のお酒には、日本酒から洋酒まで色々な種類のお酒があります。中には健康に気を付けている方や普段あまり飲まない方用に売り出されているお酒ギフトもたくさんあります。また最近では名入れボトルや生まれた年の古新聞がついてくるお酒など、ギフトに特化したお酒も人気です。

ぜひ特別なお酒で、還暦を迎えた方の喜びと祝福を大勢の方と共有してみてはいかがですか?

【おすすめギフト】名入れラベル梅酒  

④フラワーギフト

色んなお祝いに用いられる定番ギフトです。もちろん還暦祝いでも、場を色鮮やかにしてくれるフラワーギフトは大人気です。

還暦祝いならではのフラワーギフトでは、バラを60本束ねた花束が有名です。60本という本数は「60歳」ということを表現しており、ギフトとしての派手さと、見た目の美しさを兼ね備えたフラワーギフトです。真紅のバラを贈るのも良し、ピンクや白を混ぜた花束を贈るのも良しの定番フラワーギフトです。

また、バラ以外にも明るい色の花を使用した花束や青を基調とした落ち着いた大人の雰囲気の花束も人気です。より特別感のあるお花を贈りたいという方は、お相手のイメージに合わせた花束を自分で組み合わせて作ってみるのもいいでしょう。


【おすすめギフト】還暦祝いフラワーアレンジメント

⑤似顔絵

今までの感謝とこれまでの人生への祝福を伝えたい方、サプライズプレゼントをお探しの方には似顔絵ギフトがおすすめです。還暦祝い用似顔絵ギフトの特徴は、見た方が思わず笑顔になる温もりのあるタッチです。また、似顔絵にメッセージやポエムを添えることもできます。写真や画像だけでなく、ご本人の人柄や贈る方との関係性などもうかがったうえで似顔絵やポエムを作成するので、贈る側の気持ちがより一層お相手に伝わりやすくなります。

他にも、似顔絵をケーキにしたものやマグカップにプリントしたものなど、様々な種類の似顔絵ギフトがあるのでぜひチェックしてみてください。

【おすすめギフト】似顔絵&お名前ポエム

 

まとめ

いかがでしたか?

お相手にとって一生に一度の還暦祝いです。ご家族や親戚の方々が集まれる日を探し、にぎやかなお祝いを開いてあげましょう。きっと大切な思い出になること間違いなしです。

▼こちらも参考にどうぞ!還暦祝い特集▼
【還暦祝い】絶対に喜ばれるプレゼント&メッセージは?2019年完全解明版