友達の家へ何を持っていく?センスが光る手土産&渡すときに知っておきたいマナー

友達の家にお呼ばれした際に持っていく手土産選びに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?今回は、そんな方々のお役に立てるよう、オススメの手土産や渡す際のマナーと言った情報を中心にお届けしていきます。

 

友達の家へ持っていく手土産の選び方は?

小人数の場合

友達の好物、地元の名品など“選んだ理由”を語れるものを

一人で暮らしている友人の家に伺う際や、他の家族がいない時に伺う際は、地元で有名な物やテレビなどで取り上げられていた物などの容易に話題につなげられる物を選んでみてください。こういった品物を持っていけば、手土産を楽しんでいただきながらその手土産に関する話題で話を膨らませることもできるのでオススメです。

ただし、上で挙げた様な商品は人気が高く、売り切れ等で入手できない可能性もありますので、そういった場合は相手の方が好きな品物を手土産に持っていくのも良いでしょう。

 

手間のかかるものは避けるか、こちらも手間を引き受ける

友達との会話の時間が減ってしまう、その場で楽しむ場合は友達に負担がかかってしまう、という観点から、調理や切り分けの手間がかかってしまうような手土産を持っていくのはあまりおススメできません。

ただし、そのような手間が必要な商品の中にも喜ばれる商品は数多く存在しますので、手土産に強いこだわりがあり、そういった品物を手土産に持っていきたいという場合は、すでに調理した状態で持って行く、調理や切り分けを手伝う、といった配慮をするという条件付きで持参する、というのも一つの手ではあります。

 

大人数の場合

呼んでくれたのは友達でも“みんなで飲食できるもの”が基本

ホームパーティーや家族ぐるみの付き合いの場などに伺う際は、その場にいる人たち全員が楽しめる品を持っていくようにし、匂いが強い品や辛味・苦味が強い品などは、出席者全員が食べられることを把握している場合のみ選ぶようにすると良いでしょう。

また、お子様が同伴する場合はフルーツやデザート等、大人だけの場合はお酒等、と言った感じで切り分けて考えると失敗することが少ないです。

 

他のゲストにも気持ちよく参加してもらえるよう気を配って

大人数が出席するということは当然ながら他の人も手土産を持ってくる可能性が高いので、予算が大きく違わず被らない手土産、という点を意識して選ぶのも重要なポイントです。

もし、他の方と比べて予算が大きく違うなと感じた場合は準備を手伝うなどのフォローに回る、他の方と手土産を被らせたくない場合は選ぶ前に他の出席者の方たちと相談をしておく、といった方法である程度対処できますので、そういった部分も考慮して検討してみてください。

 

センスが光る手土産を

定番のスイーツはパッケージにこだわる

定番のスイーツを手土産に持っていけば大きな失敗は防止できますが、すでに他の方も同じような手土産を持参している可能性も高くなり、あまり相手の印象に強く残りにくいという短所があるのも事実です。

ですので、こういった定番の手土産を持参する場合は、ちょっとした差をつける意味で、パッケージがかわいい物やオシャレなデザインのパッケージになっている物を選ぶ、といったような工夫をして選ぶようにした方が良いでしょう。

 

友達の家へ持っていく手土産の予算&相場

手土産の価格は安すぎても高すぎても、相手にマイナスイメージを与える可能性があるため、手土産を選ぶ前に適正な予算相場も抑えておいた方が良いでしょう。

一般的なケースでの相場をご紹介させていただくと、初めて伺う際は1000~2000円程度、伺うのが2回目以降の場合は1000円以下、というのが相場価格ですので、この辺りの金額を意識して選んでおけば無難と言えます。

 

友達の家への手土産にはどんな種類がある?

焼き菓子

苦手な人が少ないことから家族みんなで楽しむことができ、日持ちをするという点も併せ持つため、焼き菓子は持参して喜ばれる手土産の一つと言えます。

ただしその分、手土産として選ばれることも多いので、可能なら最近オープンしたお店の商品や、評判が良いお店の商品と言った、少し特別感のある商品を選ぶようにすると良いでしょう。

おすすめの焼き菓子はこちら:

 

 

?utm_source=giftpedia

 

ロールケーキ

その場で楽しむ場合は切り分けを行う必要がありますが、その反面、切り分け方を工夫すれば出席人数がわからなくても対応できるというメリットもあるため、当日の参加人数が不明な場合はロールケーキを選ぶのもオススメです。

また、比較的どこのケーキ屋さんでも購入することができ、味の種類にバリエーションもありますので、いろいろな選択幅があるというのも特徴の一つでしょう。

おすすめのロールケーキはこちら:

 

 

 

ジュースなどの飲料

意外と見落としがちなのですが、ジュースも手土産には最適な品の一つです。

多くの方が食べ物の手土産を選ぶ傾向にありますので他の人と被りにくく、お子様がいる家庭の場合、お子様が好んでジュースを飲むことも多いので、ジュースの手土産を持参するのもオススメです。

おすすめのジュースはこちら:

 

 

 

アイス

お子様がいる家庭の方、アイスが好きな方、手土産を持参するタイミングが暑い日が続く季節、といったワードに該当する場合は、アイスを手土産に持っていくのも良いでしょう。

味の選び方としては、相手の好みの味を知っている場合は好みの味のアイス、お子様がいる家庭の場合はバニラ・チョコ・フルーツ系のアイス、アイスが好きな方や、暑い日が続く季節の場合はアイスキャンディー・シャーベット、と言った感じで選ぶのがおススメです。

おすすめのアイスはこちら:

 

 

 

フルーツ

相手の方の手間などを考えると、すでにカットしてあるフルーツやそのまま食べられるフルーツが手土産に適しており、可能ならば伺う時期の旬のフルーツを持参するようにしましょう。また、フルーツであれば年齢を問わずおいしくいただける、という点もオススメのポイントと言えます。

おすすめのフルーツはこちら:

 

 

おつまみ

お酒のおつまみとしても楽しめる、健康志向の高い方にも好まれている、という点からドライフルーツやナッツといった、おつまみとして楽しめる一品も喜ばれることが多い手土産です。

これらの商品は食材本来のおいしさを楽しむタイプですので、手土産用として購入する商品を選ぶ際は、素材にこだわった商品を選ぶようにすると失敗することが少ないでしょう。

おすすめのおつまみはこちら:

 

 

お酒

ここまでの記事の中で何度か、手土産は被らない方がいい、と口を酸っぱくしてご説明をしてきましたが、お酒に関しては例外で、逆に他の人と被っても喜ばれる手土産である、という少し変わった特徴を持っています。

相手の好みのお酒やその時期に話題性のあるお酒等の情報がわかれば、そういったお酒を持参するのも良いですが、その辺の情報に疎い場合は、一般的によく愛飲されているため汎用性の高いビール、料理などに活用もできるワイン、と言ったお酒を選んでおくのが無難でしょう。

おすすめのお酒はこちら:

 

 

手土産を渡すときのマナーは?

渡すタイミング

手土産を相手の方に渡すタイミングとしては、室内に通された後、一通りの挨拶が終わった際に渡すのが良いとされ、そのタイミングで渡されると相手の方も手土産を受け取りやすいので、感謝の気持ちを伝えるという意味も込めて最適なタイミングで手土産を渡す、という点も心掛けてみて下さい。

 

渡すときにひと言添える

手土産を渡す際に無言で渡すのも良いマナーとは言えませんので、相手の方に渡す際は一言添えて渡すことのが良いでしょう。

この際、「大した物ではありませんが」や「つまらない物ですが」とついつい言ってしまいがちですが、相手に「そんな物を渡すのはどういうつもりなんだ?」と捉えられてしまうこともあるため、最近ではこういう一言を添えるのがマナー違反である、と認識されています。

ですので手土産を渡す際は、「心ばかりですが」や「お気に召すとよろしいのですが」といった、真剣に選んできたことが伝わるような一言を添えて、相手の方に渡すようにしましょう。

 

紙袋は持ち帰る

手土産を持参する際は、基本的には風呂敷や紙袋に入れて持参することになるかと思われ、風呂敷は自分で持ち帰るイメージが強いかもしれませんが、紙袋はどうするのが正しいマナーなのでしょうか?正解は、紙袋も風呂敷と同様、持ち帰るのが正しいマナーとされていますので覚えておきましょう。

なぜ持ち帰るのが正しいマナーなのかというと、もともと手土産を風呂敷や紙袋に入れて持参するのには、手土産にほこりや汚れがつかないようにするためという意味合いがあるため、ほこりや汚れがつく可能性がある物を相手の方に渡すのは失礼に当たる、という考え方になるので、持ち帰るのが正しいマナーとなるのです。

ただし例外もあり、手土産を渡した際に相手の方が紙袋は処分してくれる、という意思を示してくれた場合は、無理に持ち帰る必要はありませんので、そこだけは注意しておきましょう。

また、手土産を渡す際の状況によって、風呂敷や紙袋を畳むタイミングも異なってきますので、こちらも参考として覚えておいた方が良いでしょう。それぞれのケースごとの畳むタイミングを下にまとめておきますので併せてチェックしてみてください。

 

  • 立ったままの状態で手土産を渡す場合:
     手土産を渡した後すぐに風呂敷や紙袋を畳む
     
  • 畳の上で手土産を渡す場合:
     風呂敷や紙袋から手土産を出し、自分の正面に置いた後で風呂敷や紙袋を畳む。
     (手土産を相手の方に渡すのは、風呂敷や紙袋を畳んだ後。)

 

注意すべきポイント

手土産を選ぶ際に注意しておいた方が良いのは、相手や相手の家族の方の苦手な物を選ばないという点でしょう。

場合によってはアレルギーで食べられない、というケースもありますので、日常会話の中で苦手な物やアレルギーのある物の情報を自然に聞き出しておくと、手土産を選ぶ際に困ることもなくなります。

また、手土産を相手の家の近くのお店などで購入すると、手土産を用意していなかったのでは?事前に用意するのが面倒だったのでは?と、あらぬ疑いをかけられてしまうことにも繋がりかねますので、この点も注意しておいた方が良いでしょう。

まとめ

ここまで、オススメの手土産や渡す際のマナーなどについて触れてきましたが、いかがでしたでしょうか?

適当に選んだ手土産を渡したせいで関係性が変わってしまった、なんてことが起こる可能性も0ではありませんので、手土産を選ぶ際は相手のことを考えながら、どういう物がいいのかをしっかり吟味した上で選ぶようにしましょう。